【ベルタ葉酸サプリ】

2016年03月07日

葉酸欠乏 神経症状

葉酸が欠乏することによって起きる神経障害とは、具体的には「神経管閉鎖障害」という先天性疾患のことを指しているんだそうです。神経管閉鎖障害とは、脳や脊髄を作る元になる「神経管」という管状の細胞の一部が塞がってしまい、脳や脊髄が正しく成長できなくなる疾患であり、、生涯に渡り治療やリハビリが必要になる重大な疾患だといえるそうです。障害の現れ方や症状は、神経管のどの部分が塞がってしまったかで異なるそうですが、大きくは「二分脊椎症」と「無脳症」に分類されるようです。

「二分脊椎症」は神経管の下部が塞がることで発症するそうです。脊髄や脊柱が正常に作られずに一部が分断されるため、脳からの指令が体の下部に伝達されなくなります。下半身の神経が麻痺して歩行障害や運動障害が起こるほか、膀胱や直腸等を動かす筋肉が麻痺して排尿・排便障害、性機能障害が起こることもあるんですって。また一概に下部と言っても、実際に脊髄がどこで分断されたかによって症状が細かく変わるので、どんな障害が現れるのかは、生まれるまでわからないそうです。

一方、「無脳症」は神経管の上部が塞がることで発症するそうです。神経管から脳が正常に作られず、成長しても脳の大部分が欠損した状態になるんですって。脳以外の臓器には異常がない場合が多いため、胎児期は成長を続けますが、脳が形成されていないので、最終的には流産や死産となってしまうそうです。

これを聞いただけでも非常に怖い病気であることがわかりますね。葉酸を補充するだけで、このようなリスクを軽減できるのであれば、葉酸サプリなど安いものかもしれません。





posted by yousandeficiency at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 葉酸欠乏 神経症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

葉酸欠乏 神経障害

葉酸が欠乏することによって、最も心配される神経障害が
「神経管閉鎖障害」なんですって。

妊娠初期の段階で葉酸が欠乏すると、胎児の細胞分裂が
進んでいく過程において、脊椎に関わる細胞分裂がうまく
いかずに、脊椎がきちんとくっついていない状況になる
そうです。

この状況が脊椎下部で起きると、二分脊椎症を発症し、
下肢に麻痺などが現れることがあるんだそうです。
逆に脊椎上部で起きた場合には、無脳症と引き起こし、
死産につながるケースがあるようです。

たかだか葉酸の不足と楽観視してしまいがちですが、
実は非常に怖い病気を引き起こす可能性が高まってしまう
のですね。
葉酸の欠乏だけは絶対に避けたほうがよさそうです。



posted by yousandeficiency at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 葉酸欠乏 神経障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

葉酸欠乏 血小板

葉酸が不足すると巨赤芽球性貧血という悪性貧血を起こしやすくなるんですって。これは赤血球になる前の赤芽球という未熟な細胞が巨大化してしまい、正常な赤血球になる前に壊れてしまうので、結果として赤血球が不足するために引き起こされる貧血なんだそうです。

ところが、葉酸が不足することで影響を受けるのは実際には赤血球だけではないんですって。血液には赤血球、血小板、白血球という3系統があるそうですが、実際には葉酸の不足は、赤血球以外の2つ、血小板と白血球にも影響を及ぼすため、この血液の3系統全てが減少してしまうような状態になるんだそうです。この症状を汎血球減少症というんですって。

この病気になると白血球の減少により感染症にかかりやすくなったり、血小板の減少によって出血しやすくなったりするそうです。単に貧血症状が起きるだけでは済まなくなるのですね。やはり葉酸は積極的に摂取するようにしないといけないんだなぁ・・・・。



ラベル:葉酸 欠乏 血小板
posted by yousandeficiency at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 葉酸欠乏 血小板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。